キャッシングウルフの評判。徹底リサーチしました

どうしてもお金が必要、でも手持ちがない!こんなとき銀行のカードローンを始め、クレジットカードのキャッシングや消費者金融のようなお助けマンにもなりうるキャッシングサービス。ATMで引き出せるものから、銀行振り込みまで色々な方法で融資を受けることができます。

そして今回、「キャッシングウルフ」について、口コミ調査や実態調査を行いました。

キャッシングウルフと検索すると出てくる結果。「ソフト闇金」

「キャッシングウルフ」とインターネット検索をしてみると、一番最初に目に入ってくる文字は「ソフト闇金」です。ソフト闇金と書いてあっても闇金は闇金です。一般的に闇金という言葉がもつイメージが悪いので、わざわざ闇金業者から融資を受けることは少ないとは思います。

しかし、色々な理由の下、ソフト闇金を利用した場合、どのようなことが起こるか調べてみました。それは、これからキャッシングウルフを利用すると、どのようなことが起こりうるのかと同じことです。しかし、まずは「ソフト闇金」とはなんなのだろうかという疑問から分析してみましょう。

ソフト闇金と闇金の違い。そもそも闇金とはなんだ?

ソフト闇金とは、基本的には闇金の一種です。闇金業者とは、貸金業法上の金利より高い金利で融資をしている業者、あるいは金融業者としての登録をしないで貸金業を営んでいる業者をさします。そして、ソフト闇金と闇金の違いは取り立て方法にあります。

テレビや映画のイメージが定着しているからかも知れませんが、闇金の取立てのイメージといえば、ガラの悪い人たちが、真夜中に大声で怒鳴り散らすといったような脅しに近い方法が頭に浮かんできます。それに対して、ソフト闇金の取立て方法は文字通りソフトな取立てといえるでしょう。

融資を受ける利用者にとって親身な印象を与えるところに大きな特徴があります。キャッシングウルフが謳っている融資の対象者に不安感を与えないという戦略的な意図があるからかもしれません。

キャッシングウルフの利用対象者

キャッシングウルフは「大手金融会社や消費者金融等に借り入れができない方でも、融資ができることはもちろん・・・」と、堂々と謳っていた形跡があります。つまり、ターゲットの客層は、元々借り入れができにくい方だと推察できます。

そして、借り易さをアピールするため審査の緩さを全面に押し出しいるイメージがあります。確かに、大手の金融会社から融資を受けることができるなら、ソフト金融と呼ばれる業者から、借り入れをする必要はありません。

そういった借りたいけど借りられない人を対象に融資をするのもキャッシングウルフのようなソフト闇金の特性といえそうです。

違法な貸し出しだけど無くならない闇金業者

違法な融資をしている闇金なんて無くなってしまえばいいようなものですが、違法な闇金が世の中からなくならない理由もあるのです。ソフト闇金が対象にしている顧客の多くは銀行のカードローンや大手の消費者金融から借り入れができない人たちです。

もっとも、収入が全くない人、外国人、25歳未満、年金受給者等一定の事由に該当する人は融資を受けることができない可能性はありますが、ソフト闇金がする融資の対象者の審査項目は、大手カードローンや消費者金融と比べるとはるかに融通がきくといえるでしょう。

また、口コミをみている限り、融資の申し込みに必要な書類は大手の消費者金融と大きく変わりません。顔つきの身分証明書と公共機関からの書面があれば融資を受けることは可能のようです。

キャッシングウルフの金利口コミ

法定利息を上回る利率での融資は違法です。しかしキャッシングウルフを始めとするソフト闇金の利用者が一定数いるのも事実です。そこで、実際にキャッシングウルフ利用者の口コミをまとめてみました。

7~10日間で2~3割の利息を求められるケースが多いように見受けられました。

この利息はソフト闇金の中では際立って高利ということではないそうです。中には週5割の利息を要求されたケースもあるようですが、どちらにしても法外な金利です。違法な融資であることは間違いありません。また、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスのなかにもキャッシングウルフという業者は見当たらないので、正規の貸金業者とはいえない実態も見えてきました。

キャッシングカードを選ぶならufjカードが特典が多くおすすめ

闇金の金利以上の価値

ある一部の利用者にとっては、お金を融通してくれる業者があること自体が救われることなのかもしれません。金利の面では貸金業法で認められた範囲内での融資をする正規の金融業者と闇金を比較すること自体に無理があるのは当然です。

しかし、パッと見では、審査の緩い正規金融業者に見えることがあるソフト闇金業者は比較的利用しやすいのかもしれません。実際、口コミでは「親切な対応」、「女性にとって使いやすい」などの記載もありました。しかし、インターネット上の情報源が分からないソースを鵜呑みにすることもできません。

「返済期限に間に合わなかった場合の取立てはまさに闇金」といったような体験談もあることから、キャッシングウルフはソフトとはいえ闇金であるという認識を持っているほうが懸命だといえそうです。

貸し出すほうも借りるほうもどうなんだろう・・・という疑問

闇金業者が違法な商売をしているのは間違いのないことです。しかし、利用者の側に問題はないのでしょうか?答えは、あります。なぜ、大手の金融会社から融資を受けられない事情に行き着いてしまったのか、ということを重々理解しないといけません。

大手の金融会社に融資を断られた利用者にはそれなりの理由があるはずです。端的にいうと、金融会社の側に、返済されない可能性があると判断されたからです。金融会社もビジネスとしてお金を貸し出しているので、できることならお金の融資をするはずです。

なぜなら、お金を貸さないと金融会社が儲からないからです。それでもお金は貸せないと言われてしまったのであれば、「あなたの返済能力に疑問がある」と言われたということです。大手の金融機関から返済能力に疑問があるかもしれない人たちを対象に融資をしているソフト闇金の存在に疑問があるのは間違いのないことです。

しかし、そんなソフト闇金でしかお金を借りることができなくなっている利用者の方にも疑問はあります。そもそも多重債務者だったということはないでしょうか。多重債務から抜け出すのは簡単ではないかもしれません。しかし、違法な闇金業者から借金することだけが解決の方法ではありません。

債務整理等の専門家からアドバイスを受け、真っ向から借金問題を解決することもできるでしょう。