キャッシングを上手く使うためのポイントまとめ

キャッシングは上手に扱えばとても便利な存在ですが、一方で下手に借りすぎると自滅しかねません。キャッシングの返済が手詰まりになると、友人家族からお金を借りて返済に充て、生活が困窮しまた借りるというような悪循環に陥りかねません。

そこで、キャッシングを上手く使うための基本的なポイントについて一つ一つ見ていきましょう。


総量規制と信用

キャッシングを利用するならまず知っておきたいのが総量規制についてです。

総量規制とは、お金の借りすぎで破産してしまわないよう国が制限をかけている状態であり、具体的には年収の3分の1以上の借入を認めない法律です。年収の3分の1なので必要以上に借入する心配が少なくなり、自制が効かなくても法律がストップをかけてくれます。

法律なので特定の消費者金融では利用できる、ということもありません。加えて、消費者金融側も債務者に対して信用を求めています。契約していきなり限度額いっぱい借入することは恐らく不可能でしょう。最初は借りることができて数十万円がやっとなはずなので、まだキャッシングを始めていない方は必要以上に怯える必要はありません。

最低限しか借りないために

キャッシングで怖いのが、借入に慣れて本来借入が必要のない出費にもキャッシングを充ててしまうことです。借金をしているという認識を忘れてしまい、自分のお金のように振る舞ってしまうのです。そこでおすすめするのが、目的を持たずにキャッシングを利用しないことです。

それも使う金額分借入することがポイントです。少し多めに借入れることで、余剰金をそのまま遊びのお金に使ったり、余計な出費に回しかねません。とにかく使わないお金は借りないこと、当たり前のようで守ることが難しいこのポイントを忘れないようにしましょう。

一括払いを心がける

キャッシングの返済は、主に一括返済と分割払いに分けられます。どちらがお得かといえば一括払いになるでしょう。一括払いなら余計な金利がかかることもありませんし、まだ借入金が残っていると精神的に追い詰められることもありません。

しかし、一括払いは返済する金額が大きい分用意するのが大変なことも事実です。おすすめは、返済日を給料日のすぐ後に設定することです。キャッシング業者によって指定できる返済日は多少異なりますが、最も給料日後に近い日付を指定することで、まとまったお金があるタイミングで返済してしまいましょう。

人間懐にお金があると、返済を後回しにして浪費しがちです。それではいつまでも返済が終わらないので、一括払いをお金が最もあるタイミングで終わらせることが大切なのです。

返済はボーナスを当てにしない

サラリーマンの方がやってしまいがちなミスがこちらです。ボーナスのまとまったお金を当てにして返済計画を立てるのは一見理に適っていますが、もし例年よりボーナスが少なければその時点で破綻しかねません。数十万円単位で借りていれば一気に生活は苦しくなりますし、返済は確実な収入を計算に入れましょう。

また、これは毎月の給与で返済できない金額は借りてはいけない、という戒めでもあります。あの金額を使えば大丈夫、もう少しで臨時収入が入るから返済できるというのは、非常に危うい返済計画なのです。

返済計画を立てる

キャッシングやカードローンで必ずといっていいほど推奨されるのが、返済計画を立てることです。毎月いくら支払って、金利はどのくらいかかるのかを計算して返済を終わらせます。注意点として、無理な返済計画はご法度です。

生活費を無理やり削って返済するのは長続きしませんし、精神的にも苦しくなります。反対に、臨時収入が入った時はチャンスです。繰り上げ返済で早めに返済を終わらせる絶好の機会なので、浪費せず着実に返済に充てましょう。

この返済計画を守るだけでも、キャッシングの怖さは一気になくなります。キャッシングで怖いのは不意の出費ではなく、何も考えずにただ借り続けることなのです。

無利息期間を利用しよう

債務者を困らせる存在が利息です。返済が長引くほどこの利息に悩まされますし、例え少額の借入であっても余計な利息は発生させたくないところでしょう。そこで、キャッシングの無利息期間を積極的に利用することをおすすめします。

無利息期間とは、主にキャンペーン中に利用できる利息のかからない期間であり、この期間中に返済を完了してしまえば借入金額そのままの返済だけで済みます。

大手消費者金融などが積極的に行っているので、初めてのキャッシングという方は遠慮せず利用しましょう。ただし、無利息期間のスタート時点には要注意です。借入して30日間なのか、契約してから30日間なのか、ややこしいポイントなのでよくチェックしておきましょう。

キャッシングウルフの評判。徹底リサーチしました


増枠を目指してみよう

確実に返済できる自信があるけど、今の利用限度額では満足の行く金額が借りられない、そんな時には増枠を狙ってみましょう。利用限度額は契約時の金額で固定ではなく、その後の利用状況次第で徐々に増枠されていきます。

増枠の方法は二通りあり、一つは自分で増枠を申し込む方法、もう一つは消費者金融などから直接案内が来るパターンです。当然後者は案内が来ている状況なので、確実に申請は通ることになります。前者の場合は、過去どのくらい返済実績を積んできたかが焦点になるでしょう。

職場が変わった方は、転職先次第でさらなる信用を得られるかもしれません。基本的にキャッシングでは、最初から高額の利用限度額は狙えません。余程高収入でない限りは、このようにコツコツ返済を続けて増枠を狙う必要があるのです。

延滞してしまった場合

返済金を用意できなかった場合や、うっかり返済日を忘れて振り込んでいなかった場合、放置せずきちんと消費者金融に相談しましょう。理由次第ではしばらく返済を待ってもらえる可能性もありますし、何もしないでいるよりは間違いなく好印象を与えます。

ただし、いつまでも待ってくれるわけではありません。長くて1ヶ月ほどがリミットなので、それまでにお金を用意して遅延分もまとめて返済しましょう。仮に返済が間に合わず長期間放置していた場合、信用情報に延滞記録が残されてしまいます。

この延滞記録は今後のキャッシングやクレジットカードなど、様々な場面に影響をもたらします。そこまで行き着かないよう、無理のない返済を行いましょう。